【蝶フィールド日記】 ~チョウ屋の梅です!~

2017' 中国地方のゴマシジミ観察旅行 (第44号)

2017年8月5日(土) 
天気 午前 曇り時々小雨、午後 晴れ
目標 ゴマシジミ
岡山県真庭市~鳥取県

中国地方のゴマシジミは初めての観察になります。
いつものように前夜にレンタカーを借りておき、
朝の4時半にアラームセット、5時に家を出ました。
前日の予報では8/5は晴れになっていたが、中国自動車道
を西へ行くにつれ、雲に覆われなんだか雲行きが怪しい。
蒜山高原PAに8時に着いたが、どんよりとした暗い朝という
感じの天気のため、しばらく休憩して蒜山のポイントに
9時に入った。
この天気じゃまず飛ばない、そう思って草むらに入り込む
、するとヒラヒラと白と青黒い色のシジミが先の方で
飛んだのが見えた!しかしかやの丈が首ぐらいあり見失う。
更に奥に詰めて上るとまたいた!さっきの見失ったやつか?
今度ははっきり分かった!ゴマシジミであった!
羽の周りの白い縁毛もくっきりあることからでたばかりの
ものだろうと思った。あとはミヤマチャバネセセリが多く
いた。
その後は、3つもポイントへ移動したが、天気も悪く小雨
もぱらついたせいもあるのか目撃出来ずでした。

次に鳥取の大山へ観察に移動しました。
今度は逆に天気がどんどん良くなり大山に着いた時は快晴に
なってきました。時間もちょうどお昼になりましたので、
レストランにはいり昼食をとりながら大山の写真撮影です。
ちょっとボリュームのあるカツカレーを食べて、出陣です。
なにせこの桝水高原の草原を登っての観察になるので、
暑いし大変です。リフトの間をひたすら登るのですが、
ゴマシジミは全くいません。ルリシジミ、ベニシジミ、
ヒョウモン類、あとトラフシジミ、ジャノメチョウ、
ミヤマチャバネセセリ、キアゲハはいましたが…。
休憩して振り返ると今度は下界のロケーションが素晴らしく
綺麗で日本海がよく見えました。そうだ、ここは海に近い
北部の所にいるんだ!と写真撮影です。
こうしてリフト終点の50m下位の所まで頑張って登り
ましたが、もう体力の限界、退散です。途中脚が下草に
引っ掛かって転び前に倒れましたが、顔が地につく手前で
両手が出て、なんとかけがはしないで起き上がることが
出来ました。
その後、岡山に戻り朝のポイントを回りましたが、天気
だけは朝のドン雲りから快晴になって居れば飛ぶはずと
いう天気になっていましたが、見ることは出来ません
でした。途中、観察のために草むらに入っていった時に
側溝に脚を落とし脛の部分が側溝にあたり、大きく腫れ
皮がめくれて血が出てすんごく痛かったでした。草むらが
生い茂り側溝を覆ってたので側溝が草で隠れが見えなかった
のです。でも骨が折れたわけではないので我慢、我慢と
言い聞かせて歩き始めました。
あと草むらの中で、かやで指を切り痛かったでした。
脚も指もヒリヒリしています。
今日はいろいろあった1日でしたが、
蝶の趣味のお陰で、35℃の猛暑日でも外出して汗を流せる
ことが出来て、健康にも良いし大変ありがたいごとだと、
そう改めて思いました。51にもなると、いつまで続けら
れるかと体調も気になるので、長くフィールドへ出れるよう
に頑張りたいと思います。

あとゴマはちょっと時期が早かったのかな、と感じました。
他の観察者は一人もいなかったし情報が皆無でしたので。
時期に詳しい方いらっしゃいましたら、是非教えて頂きたく
お願いいたします。
b0291188_18463957.jpg

b0291188_18472473.jpg

b0291188_18483988.jpg

b0291188_18495329.jpg

b0291188_18505032.jpg

b0291188_18520654.jpg


[PR]
# by butterfly-ume0218 | 2017-08-06 17:46 | Comments(0)

2017'ヒサマツミドリシジミ親採り初挑戦❗も結果は…? (第43号)

2017ー7ー2(日) 7:30-12:00
滋賀県東近江市永源寺町茶屋川
結果 0 見もせず

ヒサマツミドリシジミは、ここで昔幾つか採卵採集した所で、
親のシーズンに一度来てみたいと思っていたポイントでした。
またその時にアイノミドリ、フジミドリシジミも採っています
ので、アイノミドリの活動時間の朝7時にポイントへ着いて
おこうと、朝5時に出発して7:30に着きました。
しかし期待とは裏腹に、どんよりとした曇りで霧がかかり
時折小雨が降ってくる天気なので、車の中で待機して天気の
回復を待ちました。
10時過ぎになると雲が一部割れて日が射して来ましたので、
早速車から出て長竿で叩き出しです。すると、ある橋の上から
西側の斜面の高い木の先に白っぽいゼフがテリトリーをはって
飛んでいます、それを追いかけるようにもう1頭飛んできて空の
上へ、断言できませんが恐らくフジミドリシジミと思いました。
20mも向こうなので6m竿では全く届きません、見ているだけ
です。そして30分経ったころにはまた雲が出てきてどんよりと
した天気に逆戻り。雷もなりはじめてきたのでギブアップです。
朝来たときに古語録川の橋の上で、東、西の斜面に長竿を立てて
ポイントを押さえていた蝶やさんがいましたが、帰る頃にはいま
せんでした。目があったときになんとも言えない視線で声もかけ
ずらくて話かけれませんでしたが、採れたのかな?
ということで、ヒサマツミドリは見ることも出来ませんでした。
あとでヒサマツミドリで検索したら、天気が曇ると絶対に
見れない、飛ばない、見るためには天気が良い日に行くしか
ないと幾つか書かれていたので、今後参考にしたいと反省しま
した。年1回発生のヒサマツだから1年後のことですが…。

b0291188_17102751.jpg

[PR]
# by butterfly-ume0218 | 2017-07-04 22:02 | Comments(0)

2017'キマダラルリツバメ 鳥取へ2週続けての観察❗ (第42号)

2017ー6ー23(金)
キマダラルリツバメ 11

先週に引き続き2度目の鳥取行きです。
ポイントも分かっているので、とても気楽です。
レンタカーも当日朝予約して10時45分に出発、鳥取には
13時25分に到着出来ました。
先週と同じく砂丘センター内のレストランで、美味しかった
蟹玉丼を食べて砂丘をみながらのんびり昼食です。

b0291188_19455806.jpg
b0291188_19491178.jpg
3時前になったところで、ポイントへ向けて出発、
若干先週より雲がありますが良く晴れています!
今日は3時50分からキマルリが飛翔を始めました。
ネムノキに止まっていたのを叩き出して止まった個体が
今日の一つ目です。そのとき写真家の方が来られキマルリ
の撮影に初めて来ましたとのことで、いますか?と聞かれ
たので、いますよ!と教えてあげ、2つ目が来た時に
写真を撮らせてあげました。この後、自分は
別の場所へ移動して松の中に入った空間を何度も回って
17時20分迄で11頭観察出来た。ただ鮮度は先週の時より
悪く新鮮~スレ個体であった。
ちゃんと2度目の鳥取行きでも成果が得られて良かったです。
b0291188_20073975.jpg


[PR]
# by butterfly-ume0218 | 2017-06-23 19:36 | 2017年 | Comments(0)

2017'岡山県~鳥取県 ヒロオビミドリシジミ、キマダラルリツバメ編 (第41号)

2017-6ー17(土)
1岡山県真庭市竹原 ヒロオビミドリシジミ0  7:30-9:30
2鳥取県鳥取砂丘  キマダラルリツバメ 10 14:00-18:00

朝4:30に出発。朝から雲一つない晴天です!
ヒロオビ狙いの1項竹原は昔、ヒロオビを既に採集している所
なので特に心配なく車を走らせましたが、いざ着いてみると
草地になっていたポイントが草ボーボーと丈が長く生い茂り
中へ入れない状態に変化していました。
どうしようか悩んだあげく、なんとか草地に入って見ないと
と入れそうな丈の低めの所を探し、そこから草を掻き分けて
なんとか入り込んだのですが、昔はここにナラガシワが点在
していてそこで採集しましたが、そのナラガシワがどこにも
ありません。
えー、どういうこと?と思いましたが、現実を見てやむなく
諦めることに。
(下の写真右から昔は入れ高原のような景観だった)
b0291188_19211815.jpg
竹原の帰り道に林道沿いのナラガシワを叩き出しましたが、
ウラジロミドリらしきゼフが飛んでいるのを1頭目撃しましたが、それだけでした。悔しいですがいきなりのボウズと寝不足から
採集が嫌になり、かなり早い時間ですが2項鳥取砂丘へ転戦する
ことにしました。

鳥取県での採集は勿論、鳥取県に行くこと自身が初です。
鳥取砂丘近くには12時過ぎに着きましたがとても暑くなり、
キマルリのテリトリー時間まで時間がたっぷりあるので、まずは
腹ごしらえということで、砂丘入口の店で鳥取のズワイ蟹が
入っているという蟹玉丼を注文しました…。
これが、とても👍旨かったでした。
b0291188_19201210.jpg
あと展望台から初めて見る鳥取砂丘の写真撮影です!
砂丘へのリフトもありましたが、風も結構吹いていて砂丘全体に
砂が舞っていましたので、遠くから眺めてるのが一番と思い乗る
のはやめました。
b0291188_19235341.jpg
観光も出来たので、次にポイント周りです。3ヶ所回って、
テリトリーをしそうな場所を探しここという所で待ちました。
時間で16時15分に黄色いシジミが左右に早く飛び回り、近くの
ネムノキの葉上にとまりました。キマダラルリツバメです!
b0291188_19315481.jpg
やった!ここに間違いなかった、そう思って待っているとここで
立て続けに5つ目撃、その近くのマツやアカシアの葉にとまる
キマルリを目撃して17時30分までの1時間で10頭目撃です❗
17時30分からは、テリトリーも終わりのようで全くいなく
なりました。日はまだまだ明るくまだ来ると待ちましたが、
今日の活動は終わりのようでした。
鮮度はすべて良く完ピンです!また複数頭で卍飛翔する個体を
見れなかったので、数は多くなくむしろ少ない感じがしました。
木が低いので観察にはもってこいのポイントだと思いました。

今日は午前の部で、あてがはずれ一次はどうなるかと思いましたが、午後の部でなんとか名誉挽回が出来ホットした1日でした。








[PR]

2017年初採集もボウズ(泣) シルビアシジミ編 (第40号)

2017年6月4日(日)12時~12時40分
場所 兵庫県伊丹市猪名川河川敷
目標 シルビアシジミ
結果 0 ボウズ

暇で暇でやることなく近場のシルビアシジミを見に出かける
ことにした。
ところがポイントの草地そばの河川敷はグランドになっていて、
橋の北側ではサッカー、南側は野球と試合をやっており、草付き
の斜面には見学のお母さん方がでいっぱいになっていてとても
ネットを振れる状況ではないので、仕方なく南側の野球場より
も南へ更に降りてシルビアを探した。
写真の通り食草のシロツメクサがたくさんあるところを見つけ
ここなら一つはいるだろうと探すもシルビアどころかヤマトシ
ジミもツバメもシジミ類は何もいない。
いたのは、モンシロ、モンキチョウ、ヒメアカタテハ、アゲハ
だけ。この良い場所でいなければ無理と勝手にすぐに諦め
帰ることにした。
やはり数が増える秋に来た方が良かったかな?

b0291188_13374805.jpg


[PR]
# by butterfly-ume0218 | 2017-06-04 13:21 | 2017年 | Comments(0)